2006年11月29日

ウズベキスタン

11月8日、シルクロードの古都、ウズベキスタンへ行ってきました。

予備知識も何もなくただ、友人の誘いに気軽な身ですのでのった訳。

現地は砂漠が大半を占めるので、日中は30度から夜は-10度という

のでサングラスに日焼け止め、はたまたマフラーに手袋に防寒具と

いう大荷物。おまけに砂漠で青空トイレのためのウエットティシュ

を大量に・・・なんか難行苦行に行くみたいだなあ・・と思いなが

らの出発でした。

首都タシケント到着午前3時、旧ソビエトだったなごりが残ってい

るのか税関の人は態度が横柄で早くて1時間半はかかると言われて

いたとおりのスローな入国でした。

入国してまず驚いたのが、どの木も根元がソックスはいてるみたいに

真っ白だったことでした。防虫用に漆喰がぬってあるのですが、細い

苗木から、電信柱まで国中の木に・・・すごい手間をかけて木を大事

にしているなあとびっくり。

その後バスの車窓からこの国の暮らしぶりをみると万事スローで、

羊を目で追いながらおしゃべりしている人々、道端にスイカやメロンを

並べてじっと座っている人たち。決まった時刻表のない乗合バスを待って

立っている人たち,あくせくすることのない生活ぶり。ただタクシー

の運転手だけは元暴走族?みたいで稼ぎのために必死という感じでした。

広い広い綿花畑を鍬で耕している人たち、機械農業はまだまだで、国の

基幹産業の綿花は学校の生徒が収穫時には総出で摘むそうです。

土地は塩分が強く霜が降りているみたいにうっすら白くなっているくらい、

農業にはとても向かない土地でした。

手工芸品は昔からさかんで、シルクの絨毯や刺繍など土産物は魅力的です。

ただすべて値段交渉で値がきまり、おっとり構えていたらいつのまにか

いっぱいの人に囲まれてしまって動けないなんてことも。

見ごたえの多い素敵な旅でした。食べ過ぎておなかを壊した私ですが、

まだまだタフさが足りないと反省です。

次回もウズベキスタンの話です。

                 スタッフM




posted by staff at 17:00| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

四万十川100kmマラソン

(イ)です。ちと長いです。
10月14日(土)
全国から抽選で選ばれた約1500名のランナーが高知県四万十市(旧中
村)に終結。参加者の約半数が40〜50代である。

10月15日(日)
2時30分 草木も眠る丑三つ時起床。
3時00分 ホテルでのバイキングの朝食後バスでスタート地点へ移動。
4時30分 ストレッチ&アップ開始。
      脇、乳首、股間、足の指に丹念にワセリンを塗る。
      これを怠ると擦れて大変痛い思いをする。
5時30分 朝靄の中、ピストルの号砲で約1500名のランナーが10
      0km先のゴール目指して
      「行ってらっしゃ〜い」
      「行ってきま〜す」
      あっちこっちで沿道の人達と声を掛け合いながら和気藹々と
      スタート。

      コース上の給水ポイントは、2.5Km毎に水。
      5km毎に水、スポーツドリンク、梅干、飴等。
      20km毎におにぎり、パン、バナナ、味噌汁等。
      小学生からお年寄りまでたくさんのボランティアの人たちが
      お世話している。

      スタートして直ぐ、高低差600mの約20kmの上りの山道を走
      りながら四万十川上流へ向かう。
      前半は、同じレベルのランナーと集団で走ることになるのだ
      が、オヤジばかりの集団で走っていると息が詰まってくる。
      中でも、加齢臭のきついオヤジランナーは崖から突き落とし
      たくなる。

      やっぱり、女性がいるほうがいい。
      こんな時は、おばちゃんでも腐っても鯛である。(失礼)
      特に、数少ない若い女性ランナーがいるとウキウキである。
      しかしである。
      走りこんで色は浅黒く、筋肉が付いて引き締まっている脚は
      アスリートの脚としては最高なのだが、一人の女性の脚とし
      て見たら「あんたはサイボーグか」と言いたくなる。

9時35分 42.195km通過。1km6分ペース。まずまずである。
      36km地点から15km毎に関門がありその地点の制限時間内
      に通過しないと強制的に競技を終了させられる。

11時50分 62km地点のカヌー館でスタート地点で送っておいたウェア
      の着替えをする。
      記録を目指すランナーはこんな悠長なことはしないのだが、
      完走目的のランナーは着替えをする人が多い。
      小生もご多分に漏れず帽子からシューズまで全て替える。
      気分一新である。

12時20分 残り38kmしかないと思い込ませながらカヌー館を後にする。
      後半は四万十川に架かる沈下橋を渡ったりしながら四万十川
      に沿って下流に向かって走る。

      このあたりに来ると、集団もばらけてしまい一人旅となる。
      ここからは自己との戦いである。
      歩き出すランナーも増えてくる。
      「暑い〜」「足が痛い」「わしゃなんでこんな事しよんかい
      な〜」「もういやや〜」心の中で叫ぶ。
      「歩いたら楽やで〜」「棄権したらもっと楽やで〜」
      悪魔の声が囁く。

      自分との葛藤の最中、小生の後ろを「ハアーハアー」と付い
      て来るランアーがいる。
      振り返ると一人の女性ランナー。
      「私はあなたのペースメーカーみたいですね」と声を掛ける。
      「すみません。付いて行かしてください」
      「それじゃあ、ゴールまで一緒に走りましょう」
      「お願いします」

      女性から「付いて行きます」なんて言われた日にゃ、ここは
      男気を出して足が悲鳴を上げているのにも拘らず彼女を引っ
      張りながら走る。(あほでんなあ)
      二人で走ると徐々にペースが上がり、前を走るランナーを次
      々と追い抜いて行く。
      当然、悪魔の囁きなんかどっかに吹っ飛んでいた。

      ゴール近くの沿道では、たくさんの人達が
      「お帰りなさ〜い。ごくろうさ〜ん」と迎えてくれる。
      「ただいま〜。ありがとう〜」声援に手を振りながら応える。
      感動の極みである。

16時51分 中村高校校庭内のゴールに女性ランナーと共に、二人一緒に
      ゴール。
      「ありがとうございました。助かりました」
      「こちらこそありがとう。それじゃあお元気で」
      握手してその後の余韻に浸ることなく爽やかに別れる。
      なぜ?
      それはおばちゃんサイボーグだったからです。

      参加者1339名
      完走者1043名

      記録11時間21分05秒 順位257位でした。


      

     

       
posted by staff at 06:57| ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

P.F(ペンフレンド)

P.Fって懐かしい言葉ですが、私にはP.Fがいます。
私が10年以上前に大スキだった芸能人がきっかけでP.Fになりました。
当時20人くらいいましたが、
共通の話題がなくなり、今では女性1人になりましたたらーっ(汗)
彼女とは色々なことを話せるので今まで続いてるんだと思います。

彼女とは毎月1度の手紙のやりとりをしてます。
「面倒だな・・・」って思うこともありますが、
届いた時はあったかい気持ちになるし、
きっと彼女も同じ気持ちだと思うから続けてますかわいい

彼女は毎年私の誕生日にB.Dカードを届けてくれます。
リアル友達が忘れてしまった私の誕生日を、
10年以上彼女が覚えてくれてることはとても嬉しいことですわーい(嬉しい顔)
先月末の私の誕生日には、
「健やかで心豊かな1年になりますようにぴかぴか(新しい)」というB.Dカードが届きました。

メールが多い私も、
彼女とはこれからもこんなふうな関係が続くと思います。
そしてずっと大切にしたいと思いまするんるん

Staff.s
posted by staff at 11:20| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。