2006年08月08日

久しぶりのプール

 8月に入り暑さが爆発しています。ここ何日はこれでもかというぐらい太陽の力

を感じており、夏ってこんなに暑かったものかとクーラーの効いた部屋で終日過ご

しております。

ふと子供の頃を思い出せば、まだ家の部屋すべてにクーラーはなく、クーラーなし

では生きられない体になった今では考えられないこと、そう、クーラーのない部屋

で寝ていたのであります。子供の時と何が違うのか?忍耐力がなくなったのか、は

たまた地球温暖化の影響か、と思うが一番の正解は、体を覆う脂肪が圧倒的に厚く

なったせいだ。特に腹まわり!と自分を戒める今日この頃でございます。

 そんな訳で、暑さと脂肪の燃焼対策をかねて何年振りであろうプールに行ってき

ました。(普通のプールは時々行きますが流れるプールがあるプールはまさに25

年ぶりぐらいではないかと、いつ行ったのかを思い出せないのであります

が・・・)

 そこは、流れるプール、飛び込みプール、すべり台などなかなか楽しめるように

なっていて、流れるプールで浮かびながら流れているのもなかなか気持ちのいいも

のです。途中吸水口のチェックなんかをしながら、のんびりしていました。

最初から目に入っていたすべり台!30mはあるであろうなかなか面白そうとずっと

気になってすべりたいと思っていたのですが、観察していると、大人いやおじさん

が滑っているのは皆無であり、なかなかいけずにいたのですが、せっかく来たのだ

から、やはり一度は滑ってみるべきだと思いすべり口までのぼり、子供たちに囲ま

れながら待つこと数分腰を下ろし係員の笛ですべり出そうとすると、ん?何故だ?

まったく滑り出さないぞ、サイドの手すりをもって押すもうんともすんともいわ

ず、試みること数回、まったく動かず、断念。仕方なくそのまま立ち上がりすべり

口まで戻りとぼとぼと歩いて降りました。

一緒に行っていた娘いわく、「パパは太いからすべらなかったんよ」と言ってきた

ので、間違った認識を持つことは教育上良くないと思い、決しておしりが横に使え

てなかったこと、体重が重いほうがスピードが出ること、多分海パンの素材がいけ

なかったのだということ、そして決してパパは太ってないことを懇々と説明。する

と「パパは太ってるというか、ちょっとだけ太いもん」とお腹を見て言っており、

まあまあそれは間違いじゃないもんなと、これを否定すると逆に間違ったことにな

るなと、まあちょっとだけやからと納得。

今日から食べるのを少し控えようと思った次第です。太ってるのは、見た目がどう

というより、命の問題になりつつある年齢になってきてますから、来年の夏までに

はなんとかしたいものです。毎年言ってるような気がしますが・・・
posted by staff at 16:52| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。