2006年10月27日

シンジラレナ〜イ

昨日はおいおい、監督より先に新庄が胴上げされてるよと感動しつつテレビを見ておりました。
2006年のプロ野球は、北海道日本ハムファイターズが、44年振りの日本一になり、まさにヒルマン監督の言葉どおり、シンジラレナ〜イであります。シーズン前、日ハムが日本一なんて誰が予想したしたでしょうか、日ハムファンの伊集院光すらしていなかった(未確認)であろう快挙。
 シリーズ開始前は、日ハム・中日のどっちを応援ていうわけではなかったが、北海道に移動してからは、日ハムに北海道で決めてほしいと思うようになってました、マスコミもそんな雰囲気で、よかったよかったって感じです。ふと思うと最近セリーグがかってないなあ・・・しかし、名古屋は好景気、北海道は不景気なのでそういう意味でもよかったなと思う次第です。
 今年の日ハム!まあ普段から気にして見てはいなかったのですが、シーズン後半戦の怒涛の追い上げ(どこかのセリーグのチームもしてたんですがこっちは残念・・・甲子園の新庄が見たかった)があり、新庄引退とか、北海道で初の日本シリーズとかで、日ハムファンは大いに盛り上がったことでしょう。新庄は足を怪我してると報道されてましたが、痛みに耐えてよくがんばった感動した!まだプロ野球もすてたものではないですね。来期は、新庄が引退、小笠原もFAで巨人に行くとか行かないとか、ガンバレファイターズ!来期は、阪神と日本シリーズをやりましょう。
posted by staff at 13:05| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

黒猫のたまちゃん

今回は、どこにも遊びに行かなっかたので、うちのたまちゃんの紹介をします。
 
我が家には、3年前の秋のお彼岸に迷いこんできた真っ黒のオス猫 たまちゃんがいます。猫
生後1カ月位の時、縁の下に仕掛けてあったねずみの鳥もちに引っかかっていたどんくさい猫です。

「ねずみは、ぜんぜんひっかからんのに何で猫がひっかかるん?」 
とあきれはてながら ベタベタの体をサラダ油できれいしたらピカピカぴかぴか(新しい)
 
それからとゆうもの、父に溺愛されてお坊ちゃまに育ててしまいました。

我が家は、県道沿いにあるので車にひかれたら大変と、犬の如く繋いで飼ってます。おかげで私の夜の日課に猫の散歩が・・・ ちょっと恥ずかしいけど 私が家に帰ると犬の如く飛び出してきて、尻尾をクネクネさせながら迎えてくれるので
めろめろわーい(嬉しい顔)
 
毎日、食っちゃ寝しているだけなんやけど 猫には 癒されるわハートたち(複数ハート) 
    
                              スタッフt
posted by staff at 10:58| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

お月見

月のきれいな季節になりました。
夕方犬の散歩で歩いていたら、
思いがけず大きな満月に出くわして
感激したり・・・
秋もいいですねえ

小松島の二条通りに大正時代に作られた
懐かしい感じの町屋カフェがあります。
名前は和庵(なごみあん)といいます。
そこの庭の東屋で、月見とお琴の演奏会がありました。
10月7日(土)は十五夜の次の日で十六夜でした。
あいにくの強風でお琴の譜面が飛んだり、寒い夜でしたが、
琴の音と虫の鳴き声の合奏がとても風情あり、楽しい夜でした。
観客は20名ほどで中に、二人のベラルーシから来たという
お医者様がいて、長い足を折って正座をし、余興で さくら♪
を先生に指を添えられながら演奏しました。
なんともほほえましい演奏で、彼らがすごくハンサムだった
こともあり、ずいぶん盛り上がったことでした。

あとはお店のなかで、懐かしい昭和の時代の調度品を見ながら
中国茶とお菓子をいただいて、子供のころの茶の間を思い出す
ひと時。
その夜はおまけがついていて、横須町の花火大会の日とかで
岸壁から威勢良くあがるきれいな花火をゆっくり見ることが
できたのです。本当にラッキーな一夜でした。
和庵の皆様ありがとうございます。
                   スタッフM
posted by staff at 10:39| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

きなこ来る

(イ)です。
昨年の11月1日に6頭いた犬の最後の犬を見送ってから約10ヶ月、犬のいない空虚な生活を送っていた我家に、生後約50日のパピヨン(雌)が来ました。

とある社長宅で生まれたのを、その社長の勧めで譲り受けたんです。
今年一杯は喪中と言うことで飼わないつもりだったのですが、子犬を見せられちょこんと膝の上に乗られた日にゃ、もうあきませんでした。

この子の名は『きなこ』
とても人懐っこい好奇心旺盛の元気な子です。
我家に来てまだ一週間ですが、夜鳴きもせず物怖じすることなく、起きてる時は絶えず動いて、やんちゃしてます。

我家は、今までヨークシャーテリア、シーズー、ゴールデンレトリーバー、そしてパピヨンと飼ってきましたが、基本的な性格が犬種によって違うことを感じます。
シーズーは静だったのですが、活発に動くパピヨンには驚かされました。
これからの成長が楽しみです。

我家で飼うのは、この子でもう最後となると思うので、たくさんの思い出作りをしたいと思います。

次回は、2週間後に迫った四万十川100kmマラソン奮闘記をお送り致します。(^-^)/



posted by staff at 14:11| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

13 GOING ON 30

↓ 私も映画ネタを。
「13 GOING ON 30」という作品を観ました。

13歳の誕生日、早く大人の女性に成長することを願うジェナ。
翌朝目覚めると、
彼女は出版社の編集者として成功する30歳の女性になっていたexclamation&questionというお話です。
心は10代のまま大人の世界を経験し、成長していくジェナ役の
ジェニファー・ガーナーの演技がとてもかわいい作品ですわーい(嬉しい顔)

感動したのは、
早く大人の女性になりたいと願っていたジェナが
大切な時間や人たちを失って30歳の今の生活を送っていることに気付き
「13歳のあの頃に戻りたい」と願うシーンですもうやだ〜(悲しい顔)

私も10年後、20年後に「あの頃」を振り返った時に
後悔しない自分でいたいと思いましたかわいい

「続き」に興味がある方はレンタルショップへどうぞ・・・

Staff.s
posted by staff at 14:48| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

レンタル開始!

9/2待望の24シーズンVがレンタル開始!朝一から並ばなければ借りられない

かもしれないと思うも、並ぶ元気もなくとりあえず昼前レンタル店へ、もちろんす

べてレンタ中、ん〜これはしばらく無理かも。一週間後ちょっと時間が空いた日曜

の夜、ぼちぼちいけるかなと思いなにげに店をのぞくと、やったね俺!1〜3巻す

べてあるではないか!しかし、ここで問題発生、何巻借りて帰るかだ、全部借りて

しまうと一気に見てしまいたい欲求を抑えられない可能性が・・・ってことは寝る

のが・・・今日は早く寝ようと思ってたし・・・よし、とりあえず1巻のみ借りよ

う。家に帰りさっそく見始めると、おおおーーーいきなり衝撃の展開が!あっとい

う間に1巻2話が終了、やはり面白い。時間も結構遅くなっているが、見たい衝動

は抑えない。こんなことなら2巻も借りておけばよかったな、環境に悪いなと思い

ながら車を走らせレンタル店へ2巻のみ借りて帰る。またまた一気に見終わった。

続きが見たいがレンタル店はもう閉まっている。よしやっと眠れる。次の日2巻を

返し3巻を借りる、いまから見れば終わってもそんな遅くならないな、今日は早く

寝れるなと見終わると、なんだなんだプリズン・ブレイク第1話が入ってるではな

いか、レンタル店で目立つところに並んでいたやつだな、どうしようかと時間を気

にしながらもついついスタートを押してしまった。やばいぞ、これもはまっちゃう

な。24の4巻は9/23からレンタル開始だが、プリズン・ブレイクはいっぱい

並んでた、まいったまいったしばらく寝不足です。
posted by staff at 14:25| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

遅ればせながら

先日、大塚国際美術館へ行ってきました。

平成10年にOPENして徳島に居たら いつでも行けるわるんるんと思っていたらもう8年も経っていたなんて! 

入館料3150円を払って なが〜いエスカレーターを上がって 早速 広〜い館内を 陶板でできた床の→に沿って見て回りました。行った事のある人の方が多いでしょうから 作品については省略します。

朝10時着いて 途中 館内のレストランで 私は 鯛茶(鯛のお茶漬けで結構おいしかったけどおかわり!と言いたかった)友人は、カレー(ボンカレーの味ではなかったらしい)を食べて すべて見終わったのが 午後2時すぎ

腰は痛くなるし、見て回るのにダレテくるわ 見ても意味のわからんもんはあるし教養と体力のなさを痛感ふらふらただただ作品の大きさと館内の広さに圧倒されました。絶対見てないコーナーもあるはず

ダヴィンチ・コードのおかげもあってか 関東のイントネーションの人あり 団体さん(駆け足でまわってたけど)あり 親子連れありで 結構 入館者は多いのだろうけど ゆったり見れたのは広さのおかげ。

毎年8月の第一日曜日の午後5時からは、着物(浴衣OK)を着ていくと入館料が無料になるので 来年はおめかしして見に行こうかな   
 
                            スタッフ T
posted by staff at 16:20| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

浮世絵展

先週の日曜日に、友人が誘ってくれたので、松山まで浮世絵展を
見に行ってきました。正直浮世絵にはあんまり興味はなかったけど
松山にはずいぶん行っていないなあ・・・とおもったので。

浮世絵の大家、東洲斎写楽、喜多川歌麿、葛飾北斎、安藤広重
の4人が揃うというのがお値打ちという事でした。
2時間ゆっくり、解説を読みながら見て回ったら、それぞれの
特徴もわかりとっても面白かったです。
役者絵の写楽(この人は阿波の人ではとか、北斎の
仮の名ではとか謎の人です)。
美人画の粋な歌麿、東海道五十三次の安東広重
そして私がきにいったのが葛飾北斎。
富嶽三十六景が有名ですが、この人はこの時代では
めずらしく93歳まで生き、90回くらい転居をし
雅号を30回くらい変え、そのたびに画風がまったく
かわった。奇人変人といってもいい謎めいた人です。
その絵も妖怪の怪しさや、漫画のユーモア
妖艶な美人画、遠近法を取り入れた風景画、
構図の大胆さなど、自分でも驚くほど惹かれてしまいました。

9月18日まで、お城の中にある美術館で開かれています
ので、興味をもたれた方はいってみてください。

その後前行ったてんぷら屋(正岡子規が昔下宿を
していたという古いお家を改装している)を探したのに
見つからず、3、4年前に壊してモータープールになった
そうでがっかりでした。
伊予鉄そごうが伊予鉄高島屋になっていたのも知らずに
時代の移り変わりを感じました。

てんぷらは食べられなかったけど、ちょっと文化のかおり
を味わった1日でした。
    スタッフM



posted by staff at 15:37| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。